Racca Style +

With you around, everything is special!

【032】急性期の痛みを取り除きつつ、体質改善のために負荷をかける

どこにも痛みがない状態が、記憶がある限りほぼない私です。。。

(残念な体質)

多少の痛みであれば、痛みがあるのが当たり前という感覚があるので、

普通に耐えられます。(それが当たり前だと思っていた)

 

しかしながら、やはり『痛み』は、生活の質が低下します。

私は、痛みが無い状態を初めて経験して、

『いつもどこか痛いのは、おかしいことなのだ』とやっと気づきました。

 

痛みというのは数値化できないので、

主観的なもののように思いますが、

どんなに有名な先生に勧められた方法だとしても、

日常生活を送るのに支障が出るほどの痛みを

私は我慢することはできません。

 

では、私はどのように自分のカラダと向き合っていけばよいのでしょう?

 

たがしゅう先生のブログに未病についての記事がありました。

この「未病」を「真の疾病に陥る病態」、例えば異物の侵入や過剰な栄養物質の蓄積に伴い生体の恒常性が破壊された場合に生ずる、生体修復反応(炎症反応)に起因する病態と考えるに至った。(引用文より)

そしてこの「自然免疫」システムによって生体修復のためごく日常的に起こっている炎症反応の事を「自然炎症」と呼びます。

よく糖質制限をしてコレステロールが上がる人がいますが、

あれも身体を修復するための自然炎症が盛んに起こっているためではないかと私は考えています。

未病と呼ばれる状態もまさに自然炎症が盛んな状態だと言えるかもしれません。(ブログの本文より)

 

痛みが出てきて耐えられない時、

私は、まず痛みをなるべく軽減する方法を採ります。

  • 食事のケトン比を高くする
  • ダメらしい食べ物を徹底的に排除する

これらが経験的に最も効果的な方法です。

 

しかし、これを続けすぎると、また質の異なる痛みに襲われます。

 

一つの痛みが解決されても、また他の痛みに襲われるということは、一体どういうことでしょうか?

炎症反応が、生体の恒常性が破壊されて生ずる生体修復反応だとしたら、 

上記2点の方法では根本的な解決にはなっていない可能性が

あるのではないでしょうか?

 

おそらく、一つの問題は解決しても、全体のバランスを崩し、

結果として、他の問題が表面化してくることもあると思います。

 

ちょっとした体調の変化や血液検査の結果に一喜一憂するのではなく、

もっと全体を俯瞰的に捉えて、

耐えられる程度の負荷をかけつつ、体質改善を目指していくということが

必要なのではないか。。。

と、最近考えています。

 

ただ、痛すぎるのはやっぱり困るので、

たとえ、ゆっくりとしか修復できないとしても、

私は日常生活に支障がない痛み程度にとどめたいなと思います。

体質改善という大きな目標へ向けての取り組みの途上で起きてくる、

小さな不調には、漢方薬の力も借りながら、

ゆっくりと。。。でも着実に体質改善していくことを望みます。

 

※体質改善のための負荷については、また別の機会に書くことにします。

  

raccastyle.hatenablog.com

 

わかりやすい異常とわかりにくい異常 - たがしゅうブログ

未病の本質を理解する - たがしゅうブログ

 

 

【031】フェリチン高値

フェリチンについて、自分自身のことを考えてみます。

まず、これまでの検査結果は下記の通りです。

 

【2017.04.03】FER 232

【2017.05.15】 FER 153

                         高感度CRP 0.018

【2017.06.16】FER 185

 

4月は、メガビタミンをしていたころで、フェリチン初測定。

5月は、4月の血液検査の結果をもとにフェロケルを停止した結果。

6月は、5月の血液検査の結果と体調をもとにサプリを全て停止した結果。

 

フェリチンは、炎症マーカーとしても使われるので、

通常のCRPだけでなく、高感度CRPを調べる必要があります。

一般的には高感度CRPが問題なければ、

炎症は無いと判断されることが多いようですが、

そうではないのかも?と私自身は感じています。

 

というのも、私の場合、

フェリチンは高値で、高感度CRPも問題ない数値ですが、

いろんな不調(特に痛み)があります。

調子が悪くなると、

カラダのいろんなところに痛みが出て、

ドアを手で開けられなくなり、

ペンさえ痛くて持てなくなってしまいます。

カラダの柔軟性もなくなり、とても硬くなり、

紅斑も出る、

そして、

最悪は起き上がれなくなる、

ということの繰り返しだからです。

いつものごとく、私の場合、病名がつけれられません。

(病名をつけてもらっても解決にはならないので、それも望んでもないけれど。)

 

今の基準では問題がない検査結果でも、

これだけ痛みがあり、

私のこれまでのヴィーガンな食生活を思い出してみても、

やはりフェリチンがちょっと高すぎるし、

何らかの炎症があるのではないかと考えています。

 

CRPと高感度CRPの違いを教えてください。

高すぎるフェリチンは危険?!|医師水野のアメブロ

鉄は貧血に関係するだけでは「ない」|医師水野のアメブロ

 

【030】2017夏ネイル

新しいブログを始めた頃からの夏ネイルです。

もうこれが今年の夏、最後だろうなあ。

次回は、グーンと秋っぽくしたくなるかも。

 

f:id:RACCA:20170718055208j:image

f:id:RACCA:20170805212828j:image

 

その前に、美容院でヘアカラーを秋色に変えたいな。

カーキ色とかいいなぁ。

  

【029】グラスフェッドバター

ヴィーガンだった私は、糖質制限1年目は、

とにかくタンパク質を食べることを意識してました。

そして、2年目からは、動物性脂肪強化、そしてメガビタミン。

動物性脂肪強化は継続中です。

(メガビタミンは、肝臓が貧弱なので、

まだまだ受け入れられる状況さえ整ってない感じなので、

現在お休み中です。)

 

そんな私が、美味しく動物性脂肪を摂取するために

欠かせないグラスフェッドバター*1

これは、スーパーのグレインフェッドバターとは、もはや別物です。*2

 

グレインフェッド・グラスフェッドを問わず、

バターには飽和脂肪酸3種(短鎖・中鎖・長鎖)が、

バランスよく全て含まれています。

特に短鎖脂肪酸が含まれる食物は、バターくらいしかありません。。。

 

細かいことはさておき、ただ純粋に美味しいことが、

私が愛用し続けている理由です。

2~3ヶ月に1回くらいのペースで購入し、切り分けて冷凍保存してます。

5kgともなると、切り分けるのもなかなかの重労働です。

でも、その苦労をなんとも思わないほど、純粋に美味しいです。

 

f:id:RACCA:20170730203739j:plain

 

もっと高級な物もたくさんありますが、

普段使いでバンバン使うには、

写真のAnchorのグラスフェッドバターが、

よ〇葉バターとさほどお値段も変わらず、オススメです。

問題は、冷凍庫の容量と切り分ける体力かな。 

 

f:id:RACCA:20170730203717j:plain

 

  

↓いつもコレを買ってます。 

ニュージーランド産 グラスフェッドバター 賞味期限2018.8.31フォンテラ社製 アンカーバター 5kg【冷凍】

 

 

 

脂肪酸の種類について|J-オイルミルズ

主な油脂の脂肪酸組成 - 石鹸百科

 

炭水化物通常摂取の人は、オメガ3が多く必要。MEC食の人は、オメガ3が少なくても効く - 小倉台福田医院 プチMEC食のススメ

 

*1:グラスフェッドバターとは、牧草牛のミルクで作ったバター

*2:グレインフェッドバターとは、穀物飼料を餌に育った牛のミルクで作ったバター

【028】STEAK HOUSE 筋肉屋@大名

InstagramでNEW OPENの情報を見て、

行ってみたかったSTEAK HOUSE 筋肉屋さんへ

早速、友人とランチを食べに行ってきました。

 

 

f:id:RACCA:20170804233904j:image

STEAK HOUSE 筋肉屋は、

国体道路沿いのドラッグイレブン向かいのビルの3Fにお店があります。

『タンパク質補充店』だそうです。(まさにその通り!)

ここはエレベーターはないので、階段を上ります。

 

f:id:RACCA:20170804233916j:image

メニューを見ると、かなりお手頃価格なのが分かります。

各メニュー価格の横に()でタンパク質の量が記載されていて、面白いです!

お店に入って、席に着くと、もれなくプロテインが提供されました。 

私はプロテインNGなので飲みませんでした。

友人が一口飲んでみたところ、激甘だったそうです。

(二人とも糖質制限しているので、当たり前の感想かも)

 

f:id:RACCA:20170804233930j:image

店内の壁一面に、グラスフェッドビーフについての記載がありました。

 

 

f:id:RACCA:20170804234006j:image

 

ここのお店は、

ソースはおろか、塩コショウもせずに、

本当に焼いただけのお肉を提供してくれます。

各自、テーブルにおいてある、

ソースや塩コショウで自分好みに味付けして食べる

というスタイルのようです。

これは、糖質制限をしている人にとっては、かなり嬉しいですね。

  • 私:サーロインステーキ・グラスフェッド 200g(控えめに)
  • 友人:MIXサイコロステーキ 200g

 

 

f:id:RACCA:20170804233948j:image

ブロッコリー大盛り』とは、一体どれくらいなのか?

を確かめたくて、注文してみました。

これで、大盛りらしい。。。(単品)

友人と半分ずつシェアしました。

 

f:id:RACCA:20170804234023j:image

ゆで卵大盛り(単品)=卵5個

これも友人とシェアしました。(友人2個、私3個)

 

 

夜のコース(要予約)も、

飲み放題つきで4000円くらいから3種類ほどあり、

お手頃価格でグラスフェッドビーフを楽しめるので、

機会があれば、コースも食べてみたいです!  

 

一つだけ注意点があります!

こちらのお店は、

トレーニングジムのオーナーさんのお店であることもあり、

トレーニングのために営業時間が変更になることがあるようなので、

念のため、お店のInstagram等でチェックしておいたほうが良さそうかもです。

 

STEAK HOUSE 筋肉屋

食べログSTEAK HOUSE 筋肉屋

【027】2017夏 FreeStyleリブレ ③ ~実験終了~

リブレ以前のSMBGにおいて、

卵胞期と排卵期以降で、

血糖値の変化の仕方が違う印象があったので、

今回、リブレで24時間の動きを追ってみました。

(前半2週間がほぼ排卵期以降、後半2週間がほぼ卵胞期でした)

 

食べるものを増やす実験も実施したかったのですが、

  • 腸が元気がなかった
  • 体の痛みがあった

ということもあり、

体調を優先して、今回は実施しませんでした。

 

 

Free Styleリブレ 後半2週間でわかったことのまとめ

 

1.【悪夢をみているとき、血糖値の上下幅が大きい】

 

2.【一度糖新生が亢進してしまうと、しばらく血糖値が乱高下する】

  • 低血糖により糖新生が亢進してしまうと、食事の内容・タイミングは変わらなくても、血糖値が乱高下する。
  • つまり低血糖を防ぐことが大切

 

3.【卵胞期は、やはり血糖値高め】

  • 排卵期以降と比較して、卵胞期は高めと推測(リブレ以前のSMBGより)
  • リブレで確認してみると、卵胞期は排卵期以降より高めで安定していた
  • 血中レベルで15~20くらい高いようだった

 

4.【卵胞期は、寝る前のおやつナシでも夜間低血糖にならない】

排卵期以降は、血糖値の維持がなかなか難しいので、

夜寝る前にもタンパク質を補給してから寝てましたが、

卵胞期は寝る前のおやつナシでも、夜間低血糖にならなかった。

 

5.【卵胞期は、少なめのタンパク質でも血糖値の維持が可能】

  • 卵胞期は、排卵期以降と同じ量・タイミングでタンパク質を補給すると、ちょっと上がりすぎてしまう。
  • そのため卵胞期は、タンパク質の量・タイミングの両方とも調整が必要。(主観的変動幅の問題)

 

6.【卵胞期は、入浴でも血糖値が上昇する】

  • 卵胞期は、少しの刺激でも血糖値が上がる
  • 入浴後15分くらいで、元に戻る。

 

7.【朝の血糖値の高さは、コルチゾールの影響】

  • はじめのうちは、朝の通勤の満員電車によるストレスが原因かと予想
  • そうであれば、帰りの通勤の満員電車で、血糖値が上がるはず
  • しかし、帰りの通勤の満員電車では、血糖値は変化ナシ
  • 『毎朝AM10:00ごろまで、食べ物を補給しなくも、血糖値が上がるということはどういうことなのか?』をDr.と検討し、食べ物ではなくホルモンの影響だという結論に至った。

 

8.【卵胞期は、朝一番はタンパク質なし、脂質のみ補給でOK】

  • 卵胞期は、コルチゾールの影響で、脂質のみで十分血糖値が上がる。
  • 卵胞期は、タンパク質も摂取すると、血糖値の上昇幅が大きい分、コルチゾールの分泌が落ち着いたころの下降幅(変動幅)も大きくなる。
  • 変動幅が大きくなると、眠気が強く出たり、フラフラしたり、血糖値の数値自体は維持できていても、低血糖のような症状が出てきてしまう。

 

9.【コルチゾールの分泌が収束する1時間位前にタンパク質を補給する】

  • AM10:00ごろまでは、血糖値はタンパク質の補給ナシでも、1日の中では高め
  • しかし、タンパク質補給ナシのままだと、AM10:00以降、血糖値が維持できなくなり、低血糖になる。
  • AM10:00台のタンパク質補給では、間に合わなかったようで、低血糖になった。
  • コルチゾールの分泌が収束する1時間位前(AM9:00ごろ)にタンパク質を補給しておくと血糖値維持が可能。

 

 10.【1回あたりのタンパク質補給量】

  • 血糖値を一定に保つための補給は、1回あたり15~18gの範囲内に自分の閾値があると推測(リブレ以前のSMBGより)
  • リブレで再検証したところ、卵2個はOKだが、卵3個はNG
  • 卵1個と卵2個では、血糖値の変化は変わらない
  • 閾値内であれば、『タンパク質の量<3時間おきの補給』のほうが大事

 

 

f:id:RACCA:20170805233604j:plain

↑ リブレ電極の着きが悪くて、Dr.に別のテープで補強してもらったまんま、

2週間過ごしました。

 

 

raccastyle.hatenablog.com

raccastyle.hatenablog.com

 

 

 

【026】ブログを書くということは主観的命題の検討

私がブログを始めたのは、今からもう10年以上前です。

 

いくつかのブログを数年ずつ渡り歩いて、

結局はてなに落ち着いてます。

はてなは、文章を書くのに良いなと感じます。)

 

私にとって、ブログとは、ほぼ自分の思考整理と備忘録みたいなもの。

手書きの日記よりブログのほうが私には向いてるようで、

一番長く続けられてる気がします。

 

おそらく。。。

もともと言葉にしていく過程が好きなのかもしれません。

 

ブログを書くということを意識すると、

自分の中で命題が生まれ、

それを検討するきっかけになると思うのです。

(命題といっても、主観的命題だけども。。。)

 

 

そんなわけで、

ブログを更新する余裕が出てきて、

再開できて良かったなあと思います。

『ブログが更新できない』=元来好きなことをする余裕がない

 という状況からは脱しつつあるということかもしれません。

 

書くことは思いつくのですが、 

今の私にとって、問題は書く時間の確保です。

平日はどうしても時間を確保できないので、

週末にまとめて予約投稿するようにしてます。

(毎朝AM6:00に予約投稿設定)

 

なるべく毎日1投稿できたらいいな~。

でも、無理しない範囲で楽しみながら♪

 

f:id:RACCA:20170805081856j:image

 

West of Hollywood

West of Hollywood