Racca Style +

With you around, everything is special!

【1077】ようやくNutrigenomics🧬


f:id:RACCA:20201008103424j:image


【ようやくNutrigenomics🧬】



MPAやその他のバイオケミカル検査をアメリカ🇺🇸へ送った後に、全てサプリメントHHIのものに変えた。

実際に届いて詳しく見てみると、まぁ、その少量多品種さと、材料へのこだわりがスゴイw

今まで、散々色々やってきたんだけど…
越えられない壁は、いつも同じ気がしてたんだよね💦そして、色々やる中で疑問と日本の栄養療法への絶望もあって…
いずれはNutrigenomicsかな?と思ってたけど、やっぱりここまで来たwww

まぁ、血液検査なんて、所詮、細胞外だから、ストーリーを捏造するハメになるしね😑

Nutrigenomics🧬は、MPAで遺伝子変異を確認し、バイオケミカル検査で遺伝子発現を確認しながら、検査に依存してプロトコルを実施するので【ストーリーの捏造が無い】ところがいいなぁと思う。

その特徴を端的に言えば、【1に検査、2に検査、3、4がなくて、5に検査。そして、トドメのRNA】って感じがする。



栄養療法なんて、自費診療は当たり前。保険診療以外に平等な医療なんて日本にはないと思うんだよね。

誰もがこれくらいなら…と思ってることでさえ、選択できない人はいるもんだと思う。

それぞれができる範囲で、できることをやって生きていくしかないわけで…だからこそ、自分が納得できるところまでやればいいもんだと思うなぁー。

【1076】オリゴスキャン受けてみたけど…


f:id:RACCA:20200912184111j:image


【オリゴスキャン受けてみたけど…】



甲状腺ホルモン抵抗性的に、重金属がありそうだけど、毛髪検査では出ないし、DMSA負荷検査はSNPs調べないとヤバそうだし…
どうしようかなぁ?と思っていた。

オリゴスキャンなら出るかも?と思い、高速でちょいと遠いクリニック🏥へ行ってきた🚙💨

オリゴスキャンは、目的化合物の吸収分差し引かれた散乱光を測定して検出するみたいで、紫外可視分光測定は結構な濃度の薄さで測定するので、確かにある程度は検出感度ありそうだとは思ったのだけど…

結果は、重金属は何も出なかった…
でも、【硫黄との結合が不十分で有害金属の代謝不良】がレッドゾーンだった💦

そして、そのクリニックのDr.には、大阪の某波動療法のクリニック(有名な栄養療法のセンセーも呼んだりしてるとこ)を強く勧められたけれど😵
生態組織には確かに固有振動があるんだろうけど、ドブロイの物質波の式的には不調があっても質量がそうそう変わることないし、波長を捕らえられるのか疑問。調整にしろ、波を吸収して振動するだけでは?とも思うし、そもそも硫黄の問題がそれで解決できるとは思えない😑

やはり…メチレーションの問題に辿り着くよねwww
甲状腺機能の状態が形質発現に影響を与えるので、一応まずそっちからやってきたんだけど…
今までの経過を考えても、まぁ、メチレーションの問題は、さもありなんな感じがする。
なんかね、今のサプリメンテーションでどこかを乱してしまってる可能性もありそうな気もするんだよねぇ💦

そんなわけで、いつかはやるような気がしていた栄養療法をいよいよ始めることに決めた⭐



どこまでが絶対必要なんてないと思うけど、【高すぎて誰でもできないからナシ】というのは違うと思うんだよね。

【これくらいならみんなできる】というのも所詮一定以上の所得世帯での話なわけで…

実際問題、みんなが平等にできる治療は、保険診療以外ないと思うんだけどなぁ。

自分のできる範囲で納得できるところまでやればいいだけの話なのにね。
変な平等主義は、栄養療法においては特に、足枷になると思うなぁ。

【1075】のび太くんの体温も上昇✌


f:id:RACCA:20200828090516j:image


のび太くんの体温も上昇✌】



除染だけで、のび太くんの体温は1℃上がった✨

やはり、天然甲状腺ホルモン入れる前にやるべきことがあるよね😉

どこまで取り組みが必要か?は、その人の状態による。
甲状腺機能を十分なレベルまで引き上げるために、必要な取り組みを一つ一つ順番に積み上げていくことが一番大切だと思うなぁ。

血液検査なんて、アテにならないのですよ。
あれは、逸脱してないか?を見るだけw
所詮、細胞外のことだしねぇ…😑

体温を高く維持できていないと、何にも始まらないんですよねぇ😗

【1074】パーテーション導入


f:id:RACCA:20200822224220j:image


【パーテーション導入】



パート練習のお稽古に久しぶりに行ったら…(合奏練習はまだ無い)

なんと⁉️パーテーションが配布されたwww

まぁ、篳篥はね…
わかるんですけど…

音がめっちゃ反響して、ちょっとやりにくかった😵

仕方ないけど、練習がないよりいいかな😅

合奏練習ができる日は、まだまだ遠そうだなぁ…とシミジミ感じてしまいました🌈

【1073】実験☆やっぱりデンプンは使えなかった😱


f:id:RACCA:20200822223125j:image


f:id:RACCA:20200822223136j:image


f:id:RACCA:20200822223147j:image


【実験☆やっぱりデンプンは使えなかった😱】



穀物🍙を全て果物🍈に切り替えて、生蜂蜜🍯は今まで通りにしたら…
なんと⁉️更に天然甲状腺ホルモンを減らせた😃✌️
1Grainも減らしたのに、体温も概日リズムがあるのに、朝でも腋窩36.7℃とはかなり理想的なところまできた✨

果物🍈&生蜂蜜🍯生活は嘘みたいにとても調子が良いけれど、たまにはインドカレー🇮🇳🍛を食べたいなぁ😋と思い、朝腋窩36.7℃の日と同日のランチで挑戦してみたら、敢えなく惨敗😵💦
頭が痛くて、ダルくて、フラフラしながら、夕方帰宅して体温測定してみると、腋窩36.1℃と、普段の同じ時間帯より1℃以上低かった⤵️(お腹は別に大丈夫だったけど…😑)

デンプンを分解するエネルギーと手間さえ惜しい模様www
やっぱりフルクトースたっぷりに、ブドウ糖少しがいいんだなぁー。
ブロック🧱かかってるんだろうねぇ🤔(ブロックの原因は、いくつかある…)

しかし…使える糖が供給されないことの弊害はあまりにも大きすぎる💣💥
たった1食だけ変えただけなのに、翌日も、頭痛やダルさ、体温の低さは残っている。
フルクトースとブドウ糖のコンビネーションが、甲状腺機能を支えていたことがとても良くわかった👍

フルクトースはPUFA除去の働きもあるけれど、2~3年はかかるようなので、まぁ気長にやるしかないかな🎵
あとは、デンプン➡️果物&生蜂蜜に切り替えて、天然甲状腺ホルモンを減らせるというのは、だいたい見えてきたので、次の段階の準備に入りました😎

しかし、ここまで来ると…
一般的な分子栄養療法のプロトコルでは、あまり見かけたことないかもなwww
でも、誰が言ってようが、自分が良くなれば、そんなの関係無いんだよねぇ。
個体差が重要である以上、自分でやんないと辿り着けないとこある感じするわぁー。

【1072】フルクトースパワー🍈



f:id:RACCA:20200817200024j:image

f:id:RACCA:20200817200052j:image

【フルクトースパワー🍈】

ご飯🍚がやっぱりイマイチなので、ご飯を全てフルーツ🍈に置き換えてみた😉

そうすると…

ゾンビとの対決のおかげで天然甲状腺ホルモン💊を減らしたのに、フルーツに切り替えたら更に体温上がった⏫⏫⏫

そして、トレーナーさんにも【今までで一番調子いいね】って言われたんですけどwww

最近の加圧トレーニングは順調に各種目重量の自己記録も伸ばしつつ、わざと不安定なやつをやっておりまする。(もう加圧ベルト無しでの記録を、加圧ベルトありで超えました😉)

VCは半分に減らしてもポフゥとなる。

やっぱり食べ物のVCのほうが生体利用効率が良さそう💡

更には、B12のタイプも変わった😃✌️前は頭ガンガンして全然ダメだったのにねwww

やっぱり甲状腺機能が形質発現に影響を与えていたのかもねぇ🙃(のび太くんもそうだったな🎶)

やはりT細胞…

T CELLS  VS. ANTIBODIESのチャートが強烈だった😲

SARSCoV特異性T細胞応答 が証明された。

「抗体があるかどうか?」は問題ではない。

DOI:https://doi.org/10.1016/j.cell.2020.08.017

そういえば…免疫反応が起きるには、T細胞内で糖代謝が活性化することが【必須】であると、この前論文でてたよねwww

DOI:https://doi.org/10.1038/s42003-020-01122-w

エール大学医学部免疫学教授の免疫の解説がすごくわかりやすかった✨

https://youtu.be/XAE7U9lCNjg

 

代謝をスムーズに行えるように時間をかけて取り組む方がいいと思うんですけどねぇ…

糖は本当に悪者なの?

糖を代謝できない体の状態の方がヤバイんじゃないのかなぁ?

【耐糖能の低下=老化】だと思うなぁ🤔

成果の出やすさに飛びつくと、研究も個人も全体を俯瞰できなくなると思うので、自分がどうするのか?は、自分で調べて、よーく考えた方がいいと思うなぁ…

結局、治すのは自分なのである。

病院は緊急時以外、自分のやりたい治療に医師のチカラ(検査・薬・注射・点滴など)が必要なときに利用するもんだと思うなぁ。

実際、私も自分で調べて考えて、どうしても必要な部分は医師と交渉してやってきて、ようやく良くなってきたしねw

 

 

 

【1071】2020年7月☆のび太くんの毛髪検査】


f:id:RACCA:20200806183337j:image


【2020年7月☆のび太くんの毛髪検査】



半年ぶりの毛髪検査。
結果は、めっちゃ良くなってた♥
サプリメントが減らせて、且つ調子も良い理由が確認できた感じ(^^)

やっぱり私やのび太君には、B先生のプロトコルが合ってる感じする🌈

Iを補充し始めてから、身長が急に伸び始め、体重も増え始めた。
本格的な補充療法に切り替えてから、体温も理想的なレベルまで上昇してきた。
やっぱり言われてる通りMTHFR677CTのおかげなのか、前回ほぼゼロだったところが、大幅に改善していた✌

更にその他、微量ミネラルも介入した結果、大幅に改善していた✌
重金属の解毒も、前回は殆どできてないものがあったけど、今回は、どれもある程度解毒できるように大幅に改善していた✌



B先生も言ってるけれど、Iは、かなり誤解されてる感じするなぁ😑

Iの大量投与で改善する理由から考えてみると、負荷検査は、たぶん不足がある人の一部しかわからないんじゃ?と思ったりもする🙃

でも、かといって、検査無しで…ってのも、現状、見解が別れているものをやる上で安全性への配慮が欠けると思う💣
調べられるところまで各種検査して、ベネフィットがリスクを上回る場合にのみ、主治医と相談して、自己責任でやるならアリかも。

しかし、ホントに良くなるときは、データもちゃんと良くなるもんだなぁ😆